電気ポットが壊れたので電気屋さんに

電気ポットが壊れたので電気屋さんに

電気ポットが壊れたので電気屋さんに

電気ポットが突然死。普段、家電の中ではあまり重要視していない陰のうす~い存在なのですが、無くなったら無くなったで不便に感じてしまいますね。インスタント系やコーヒーを飲みたいといった場合、やかんで湯を沸かすのはちょっと面倒です。それに冷めてしまいますしね。

そんな訳で最寄のヤマダ電機に行ってきました。

ヤマダ電機に行くといつも、バカルディ(現:さまぁ~ず)さんのCMを思い出します。ちょっと古いかな? そもそも今の10代は、バカルディ=さまぁ~ずって直に分かるのかな?

まあそんな話は置いといて、電気ポットです。

買いに来たはよいものの、種類が多くてもう何が何だか分かりません。値段もピンキリです。高ければ高性能で多機能なんでしょう。でも安もので十分な気がします。しかし安ものを買うと新しいものが羨ましく感じて買換えそうですし、かといって高いものを買ったとしても、少ししたらもっと高性能なものが発売されるし……

ちょっと前は家電選びに困ることなんて一切無かったのですが、今は何だか全然ダメです。こういうとき、私より若そうなお客さんをちらっと見て、商品をすぱんと即決買いしたり、家電うんちくを話している人をみるとジェネレーションギャップを感じてしまいます。

結局、店員さんにご相談しました。

店員さんに「お湯が使えれば十分です」といったら、電気ケルトを紹介されました。ポットみたいなやつで、ボタン1つであっという間に中の水が沸騰するという優れもの。保温性は高くありませんが、お湯を使うだけという利便性だったらポットよりケルトの方が良いそうです。

で、結局、タイガー製の電気ケルトを購入しました。早速使っていますが、凄く便利です! 私にはこれで十分です。親切にご教示してくれた店員さんに感謝です。

大阪で脱毛婚活パーティー 岡山

寝しなに飯は不健康の元?

またやってしまいました。寝しなに飯。つまりご飯を食べてすぐ寝てしまうことです。これをやってしまうと次の朝が最悪なんです。おなかはふっくらして中身が消化不良起こしていて「おえぇ」という感じ。しかも胃酸が逆流してしまっているのか、食道や喉が痛いんです。

そのせいで朝ごはんは食べられませんし、午前中はずっと気持ち悪さが続いてしまいます。本当に最悪なんです。

ではなぜ寝しなに飯をしてしまうかというと、仕事から帰ってきて食べてすぐ寝るという習慣が身についてしまっているんです。それにおなか一杯になった後って凄く眠気が襲ってくるので眠りやすいんですよね。朝は最悪ですが、眠りに落ちるときは最高なんです。

でも健康面を考えたら早いところこ改善したいです。こういう生活を続けていると、消化器官にダメージを蓄積させてしまいますから。ダメージを受け続ければ器官は炎症を起こしてしまいます。そして最悪の場合、がんの原因になるとかならないとか……

やはり改善しなくては! 

また、寝ている最中というのは、副交感神経の働きで食べたものを脂肪に変えて溜め込みやすくしてしまうのだそうです。簡単に言えば、寝る前に食べると太るってことです。

もういいことないんですね。

しかしこれを改善するのはなかなか難しいんです。仕事終わりで何も食べないで寝るというのはおなかがすきすぎていて、眠りに全然つけないんです。かといって仕事中に食べられるかといえば食べられません。いえ、簡単なものなら食べられるかもしれません。バナナとかカロリーメイトなど。

改善方法といったらそれくらいしか思いつきません。

もう少しすれば仕事量も減るので、そしたらある程度落ち着いた生活サイクルにできると思うので、それまでは軽い食事で夜は我慢って感じですね。